blood-test biomarker for PTSD?

(info source: https://neurosciencenews.com/ptsd-biomarkers-blood-22877/)
(img source: the same above)

Of course the impact is not as big as biomarkers for major depression. PTSD is, after all, rather obvious. But still it’s a great leap in science to learn biochemical processes inside the brain when we show or don’t show PTSD symptoms. Hope it’ll help the researchers invent more effective treatment for the patients who struggle the living hell.

We’ve been relying on the potential candidates’ self-report only so far to diagnose PTSD. If this blood-testing works fine we’ll administer more objective, easier ways for diagnosis and thus treatment. More patients can reach the professional help with such a definite biomarker.

As researchers previously thought, process of dealing with sugar and amino acid as well as oxytocin play an important role for the development of the symptom. Let’s expect further research in the area.

すごいなあ!ついに、PTSD に関しても客観的なバイオマーカーが 血液検査で取れる時代が到来するでしょうかね。

大きなトラウマを目撃したりした時に発症するPTSD は、通常のストレス反応よりもはるかに強く、体験する人間を長期間にわたり蝕みます。自殺のリスクも上がりますし、うつ病になるリスクも上がる。人間関係も破綻しますし、アルコールや薬物依存に走る可能性も恐ろしく跳ね上がります。治療 もなかなかに難しい。

この研究の被験者になったように、軍隊に従事する人たちにとっても大きな課題です。ただ今までは、自己申告に頼るしかなく、そのおかげで効果的なスクリーニングや治療になかなかたどり着けない問題がありました。

それがもし 簡単な血液検査で発見することができるのであれば、研究も飛躍的に進むし、治療も同様です。やはり、糖分とアミノ酸の処理とオキシトシンが関係しているようですね。非常に興味深い。

Leave Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ten − six =