【salon】本願寺オンライン仏教 第33回仏教と科学のサロンは「自我とは?」をテーマに開催されました。

仏教における「自我」というテーマは、どれほど哲学的にファンシーな言葉で取り繕おうとも(それを「戯論(けろん)」と呼ぶのですが)、三法印に入っている「諸法無我」の洗礼により、最後は溶解させられてしまうという定めを持ちます。一生懸命にその存在をホールドしようとして、それこそ「自己主張」しても、その現象は知覚の過ちや観念および妄想の総体であり、結局は「煩悩」や「執着」ですね、はい「苦」のスタートですね、という結論です。安らかに眠れ。

【conf】discussion w/ Kyalio founder from SG

This afternoon we were privileged to have Mr. Samuel Choo, who is founder of Kyalio, to talk about the company’s products and discuss for potential collaboration with UM eHealth Unit. They created an impressive line of VR training software for surgeons and medical students. In the field of internal medicine, too, they successfully implemented software

【mtg】PhD student keen to clinical registry

Today I and my colleague at eHealth Unit met a PhD student of UM for his possible dissertation related to clinical registry. Initially, the student and we planned to meet physically in-person, but later changed the plan to the online one. Yep, time has changed. He is keen to do something about registry but doesn’t

【salon】第32回「仏教と科学のサロン」のテーマは「他力を知る」で開催されました。

今回のテーマは、浄土教ではど真ん中の難しいテーマ「他力」でした。実は数日前に、最近「ガンダムUC」を一気に見て興奮冷めやらぬ私(平原)が、「ガンダムオタク」として鳴らすご門主に、「順序は逆になってしまったが、次は何を見るべきか?」という質問をしていたのですが、それを受けての彼の「いきなり感満載」な枕話で唐突に幕を開けました。

【conf】9/26-30|Dr. Adam Dunn’s fruitful visit to eHealth Unit

A week roundup. Thank you Assoc Prof Adam Dunn of University of Sydney for the fruitful discussions and sharing sessions and giving so many great ideas. We’re looking forward to your next visit back to Malaysia. シドニー大学からAdam Dunn博士が来てくれて1週間。たくさんのセッションで多くの素晴らしいアイデアをシェアすることができました。心から感謝します。マレーシアへのまたの機会を楽しみにしております!

【conf】SingHealth Duke-NUS delegates visit FoM

SingHealth and Duke-NUS delegate from Singapore came over to Faculty of Medicine at Universiti Malaya today. It was a full-day meeting where we presented what we’ve been doing in areas of digital health, medical humanities, and epidemiology. We usually don’t have a chance to learn what other units are doing in Faculty of Medicine, so

【salon】第29回「仏教と科学のサロン」テーマは「刹那滅」でした

「刹那滅」来ましたね!これまでのサロンでもちらちらと登場したコンセプトですが、テーマにしたのは初めてかも知れませんね。 この言葉を聞くと、私などはすぐにヴァスバンドゥ(世親)の唯識での扱い→ チャンドラキールティー(月称)の常住論批判での活用、(そしてチベット密教への展開)という、2人の天才仏教哲学者の思索を思い出して、脳みそが沸騰しそうになりますが…。今回、浄土真宗文脈の中でこれを出すというご門主のかじ取りに大いに期待いたします!むろん、浄土教の文脈では「天親菩薩」として重要視されるヴァスバンドゥ老師ですので、彼の唯識をおさえつつも、21世紀に生きる我々にどうマインドフルな福音となるのか、楽しい対談ができればと思っております!(と、ハードルを上げて置く。)

【visit】Klinik [email protected] Kuda

With my colleague including Dr. Norita, I went to visit a governmental clinic in Klang. We are a team of researchers in and outside UM that takes a subpart in bigger RESPIRE project of the University of Edinburgh. Our mission is to build a clinical registry on asthma patients in Klang Valley and run it,