research interest/研究分野

私が研究する専門分野は、「認知科学的意思決定論」と呼ばれるものです。人間や他の動物の意思決定現象を定量的に記述し、認知科学(特に認知心理学)の隣接分野である知覚、記憶、推論、言語、知能、問題解決などの理論に照らしながらその認知プロセスを考察していくというものです。

その中でも私が特にフォーカスするのは、医療文脈におけるリスク認知や医療者-患者間のリスクコミュニケーション研究です。このエリアにおける日本での研究者は極めて稀ですが、欧米を中心に30年以上の厚い歴史を持つ確固たる学問エリアです。解決すべき多くの医療問題を抱える我が国においても、今後は大いに盛んになるだろうと予測します。現場への応用を考慮した研究が多いのが特徴でしょうか。

これと並行して、意思決定プロセスにおける感情/情動の影響やそれらを中心に据えたモデルに関しても強い興味を持っており、この分野での理論的研究も同時に進めて行きたいと考えています。

JDM/判断・意思決定科学とは何か?

私たちが研究している認知科学(cognitive science)におけるJDM(judgment and decision making)/判断・意思決定科学は、不確実(リスキーまたは曖昧)な環境において、どのように人間(や他の動物)が判断を行い意思決定行動を起こすのかを、背後にある認知プロセスへの理解と共に明らかにしようとする科学です。認知心理学者、ミクロ経済学者、情報科学者、哲学者、数理統計学者、人工知能科学者などが集まってわいわいやっている、極めて学際的な学問エリアでもあります。

その理論的枠組は、大きく分けてnormative(規範的)とdescriptive(記述的)のモデルがあります。前者は確率論など数理的に「採るべき」意思決定の手法を考えるものですから、主に経済学者やゲーム理論の人間などが楽しそうにやっており、応用もビジネス領域や国際政治戦略などが多いです。

が、私のように認知心理学から入っている者は、後者のdescriptiveなモデルにより興味がありますので、規範的な振る舞いから大きく外れる実際の人間の意思決定行動を、そこに隠れる認知バイアスを調査しながら研究しております。このエリアは認知心理学者Kahnemanや故Tverskyが開発した研究領域で、Kahnemanは二人で育ててきたこのProspect理論と拡張の功績により、2002年ノーベル経済学賞を取りました(Tversky博士に黙祷)。

よって、認知心理学系のJDM(判断・意思決定科学)とは、どちらかと言うと「どのように論理的な規範から外れるのか」、「外れる際にある程度systematicなルールは発見できるか」、「その認知的なメカニズムは何なのか」に興味があると言ってもよいでしょう。勿論、それを裏返しにすることで、第3のモデルとしてのprescriptive(処方箋的)なトレーニングも行える訳で、医学部教育やMBA教育などへの応用もたくさん研究されています。卑近なところでは、マーケティング分野で消費者行動や保険プランの組立などに応用されています。

ただ、これはサイエンスとしてきっちりした枠組を目指すときのトレードオフなのかも知れないですが、あくまでも個人の認知、脳みそ、そしてメカニズムにフォーカスしているため、複雑な集団ダイナミズム、文化的枠組み、意思決定時に使用される(より文化的な)価値判断などを抱合するのが困難になります。そこには社会心理学的、そして価値システムを研究する他のエリアの方法論を借りながら進むのが賢明です。

MDM/医療意思決定科学とは何か?

簡潔に言えば、「医療文脈におけるJDM」が、医療意思決定科学(medical decision making: MDM)という学問的枠組みだと言えます。私なりに4つのポイントに分けて下記に簡単に紹介しています(一部私の修士論文メモから抜粋しています)。各々の小見出しをクリックすると該当文章が展開します。

1) 医師/医療側に関するMDM

2) 患者に関するMDMやリスクコミュニケーション研究
3) 看護学における患者情報ニーズ研究の限界点
4) 病院管理学や社会医学での患者満足度研究とその限界点
5) 参考文献(おすすめ)

上へ戻る

研究者としての抱負/野望

常に変化する医療現場において、「実証的」な研究は可能なのでしょうか?認知科学やJDMの領域では、「実証的」の語を「定量測定的 + 統計的 + 認知科学理論で説明できそう的」という辺りで使う傾向があるように思います。しかし、社会医学や病院管理学の領域では、一体何が、目の前の現象に関して妥当性を持った測定量/変数なのかという議論自体が難しいように感じます。この点が、(個人或いはグループの)認知や行動という比較的マイクロなスケールを扱う認知科学や行動科学と大きく異なる難しさなのかも知れません。

ただ、そうではあっても、例えば医師-患者間でのリスクコミュニケーションに関しては、認知科学的なJDMで扱うリスク認知、確率バイアス、ベイズ統計などの大量の知見とそこで扱う測定量が、「医療」という文脈の差はあれども、そのコミュニケーション現象の一部を鋭く切り取れるのではないかと考えています。その結果、改善された医療サービスを実現するための武器にもなるのではないかと思っています。この「橋渡し」も欧米ではMDMのエリアなどで盛んになりつつあります。研究室での分析と現場での観察を有機的に往復しながら、高い応用力を持ちながらも、JDMの理論発展にも貢献できるような、戦略的な研究を精進して行きたいと考えています。

目指せ、日本におけるMDMのパイオニア(笑)!

上へ戻る


 

 


top
news
profile
interest
works
participation
links
misc. notes
sitemap
e-mail me


Copyright 2008-2010. Norimichi Hirahara. All rights reserved.  No reproduction or republication without written permission.

QLOOKアクセス解析